1. TOP
  2. 歯みがき粉の話

歯みがき粉の話

歯みがき粉には、むし歯、歯周病の主な原因である歯垢を効果的に取り除く役割があります。また、ワイン、コーヒーやタバコなどで着色した歯を白くしてくれる効果が含まれる商品もあります。歯みがきの時には、お気に入りの歯ブラシと一緒に歯みがき粉を使うことをオススメします。

ハミガキライフ/Hamigaki Lifeでは、“美と健康”にオススメの歯みがき粉を厳選しました。

ハミガキライフ/Hamigaki Life オススメの商品

アパガードリメナル(オーラルケア)※1

ナノ粒子薬用ハイドロキシアパタイト配合で、ステインやプラークがつきにくくなります。むし歯の原因であるミュータンス菌も吸着してくれます。更に、歯の内側まで浸透し、再石灰化してくれます。(医薬部外品)

クリンプロ 歯みがきペースト(3M)※2

3M独自の技術によりフッ素(950ppm)、リン酸とカルシウムを同時配合した歯みがき粉です。これにより、歯のクリーニングと再石灰化を、この1本で行うことができます。(医薬部外品)

ルシェロ 歯みがきペーストB(ジーシー)※2

フッ素(900ppm)により、むし歯の発生及び進行を予防します。また、グリチルリチン酸ジカリウム配合により、歯肉炎、歯周病を予防します。口臭予防にも使える商品です。レモンフレーバーの爽やかな歯みがき粉です。(医薬部外品)

ジェルコートF(ウェルテック)※2 ※3

ジェル状ですので、フッ素(950ppm)が歯全体にゆきわたりやすくなっています。研磨剤無配合ですので、歯だけでなく歯ぐきにも優しくなっています。塩酸クロルヘキシジン、β-グリチルレチン酸により殺菌効果も高いです。(医薬部外品)

こども用はみがき(ジーシー)※2

むし歯予防には、こどもの頃から歯みがきを習慣にすることが大事です。この商品は、フッ素(900ppm)が含まれていますので、むし歯予防にも最適です。パッケージもかわいく、味もオレンジ、ストロベリー、アップルがあります。(医薬部外品)

成分 説明
ナノ粒子薬用ハイドロキシアパタイト
※1
1.役割
  • むし歯菌を吸着除去する作用があります。
  • 歯の表面の見えない傷を修復し、歯垢や着色を防止してくれる作用があります。
  • 再石灰化する作用があります。
2.ナノ粒子薬用ハイドロキシアパタイトを含んだ歯みがき粉について
(1) 使用量
  • 成人の方であれば、1回の使用量は1~2cm程度が目安です。
(2) ポイント
  • 1回に”2度みがき”がオススメです。1度目は汚れをとり、2度目に栄養を歯に染み込ませていきます。この時、1度目では口をすすがずに、再び歯ブラシに1~2cm程度使用して歯みがきすることがポイントです。口をすすぐのは、最後にかるく行うことがオススメです。
フッ素
※2
1.役割
  • フッ素には、むし歯菌を抑える作用があります(耐酸性)。
  • 歯の再石灰化を促進する作用があります。
2.フッ素を含んだ歯みがき粉について
(1) 使用量
  • 成人の方であれば、1回の使用量は1~2cmが目安です。
(2) ポイント
  • フッ素は働き者ですので、すすぎは1~2回程度が目安です。
  • フッ素がどれだけ含まれているかは、ppmという単位で表します。多いほうが多く含まれています。
塩酸クロルヘキシジン
※3
1.役割
  • むし歯菌や歯周病菌を殺菌する作用があります。
2.塩酸クロルヘキシジンを含んだ歯みがき粉について(ジェルコートFを想定)
  • 成人の方であれば、1回の使用量は2cm程度が目安です。

PAGETOP